はじめに (1) 葵と椿 (64) その他 (295) 静かな場所 (1) たまよ (40) 設定画 (31) 孝太朗 (43) ねむれぬ夜の話 (26)  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまよ

たまよ

一寸ふとつたかな?

Comments on this preview ○    

○ 2007/07/27 09:25
自称たまちゃん似の私も「一寸ふとつたかな?」と思っておりましたところ。
やはりたまちゃんも・・・。
でもいいんです、こういう時期もあります。

ところで、日本では「女子」という言葉が流行っているのでしょうか。
的確な意味がいまいち把握できていませんが、
たまちゃんには「女子」という言葉がよく似合う気がします。
「女の子」というと可憐で華奢で儚げ、または元気でポップな子を想像しますが
「女子」という言葉はさばけた感じがしますね。

○ 2007/07/28 01:22
おもしろい視点ですね。
「女子」というのを厳密に言語として考えると「女子校正」とか「女子バレー」とか。女の団体(目的を持った集団)を表す時に使う言葉のような気がします。
また個として分類する時は、「女性カメラマン」とか「女性専用車両」とか「女性」という表現を使うような気がしますね。

まあ、あれですね。そんな言語的な解釈はどうでも良いのですが。
ボクの中でも、たまよさんっていう人は、あんまり女の子女の子した甘ったるいカンジではないです。
何故ああいう人を描いているのかというと。
ボクは「可憐で華奢で儚げ」な女性というのをあまりみたことがないのですよ(笑)。
実際そんな女性はいるのでしょうか?(笑)。

ですから、想像出来る、現実にいるかもしれないとおもえる好きな女性像を想像すると、どうしてもああいう人になってしまう。
「さばけた感じ」というのはボクの考えているイメージでもあるのでうれしいです。

「一寸ふとつたかな?」
はは、一寸ぽっちゃりしているくらいの方が可愛らしいとおもいます。ほんとに。
ただまあ、これはボクの好みなので、気休めにもなりませんが(笑)。

○ 2007/08/03 19:00
遅ればせながら。

たぶんいないです。「可憐で華奢で儚げ」でも、いざとなったらちっともそうじゃない人はいはりますけど(笑)

○ 2007/08/03 23:00
たぷんいないのですか。
一寸残念なような(笑)。

「可憐で華奢で儚げ」とか、過度に可愛いくみせるとかは疲れそうなので、或る程度は楽がいいなとおもうのですよ。

司馬遼太郎さんが「二十一世紀に生きる君たちへ」で

 鎌倉時代の武士たちは、
「たのもしさ」
ということを、たいせつにしてきた。人間は、いつの時代でもたのもしい人格を持たねばならない。人間というのは、男女とも、たのもしくない人格にみりょくを感じないのである。

と仰っているのですが、ボクはそういうのがいいなとおもうのです。
自分もそうなりたいですし。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
http://pictogram.blog78.fc2.com/tb.php/129-afe43214

[TOP]
山岸知己

右端のメガネの男が作者の山岸知己

twitter twitterやってます。

○ Recent comment
○ Email
気軽に書きこんで頂けたら
嬉しいです。
仕事の依頼も
受けつけております。

name:
mail:
title:
comment:

pictogram HomePagepictogram BBSloftworkabout metuchiputazoomeYouTube


copyright (C) 2010 FLASHアニメーター山岸知己の Animation & Illustration Gallery 「pictogram」 all rights reserved.
//
FLASHアニメーター 山岸知己のピクトグラム 孝太朗の表情集 葵と椿 山岸知己のショートアニメーション「未来の街角で」 山岸知己のショートアニメーション「ねむれぬ夜の話」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。