はじめに (1) 葵と椿 (64) その他 (295) 静かな場所 (1) たまよ (40) 設定画 (31) 孝太朗 (43) ねむれぬ夜の話 (26)  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔描いた絵 水をあげる

昔描いた絵

名前をつけた気がするのですけど、わすれちゃった。
もしかしたら、この人もたまちゃんだったかも(笑)。
そうすると、今のたまちゃんは2代目?


この絵はトーベ・ヤンソンの描く「ムーミン」の影響を受けている気がします。
あの少し不気味な雰囲気が好きなのです。

不気味といっても、不思議よりの不気味というか。
不気味と不思議って、根っこは同じ気がするのですよね。
本当は違うのかもしれないけど。
例えば、子供の頃に感じた真夜中の怖さとか、そういう少し不気味な感覚が描かれているものに、いまでも心がひかれる気がします。

Comments on this preview ○    

○ 2007/11/19 06:16
ムーミン、というかヤンソン。
ただ「カワイイ・面白い」では済まない雰囲気が子供心にすごく魅力的でした。
飛行鬼とか、モランとか。不幸な大人の描写が多い原作のほうが好きです。
フィリフヨンカがお気に入り。

○ 2007/11/19 12:19
フィリフヨンカさん。
なんかなあ、怒りっぽい人のようなので上手くつきあえるか心配だなあ(笑)。
でもビジュアル的に、子供を引き連れて歩いているところとか、すごくたのしくて好きです。良いデザインですよね。

ボクはムーミンが飛行鬼の帽子の魔法で不細工?になるところなど、ドキドキして読んでいた気がします(笑)。


不幸な大人か。
ボクは必要な時には、生きている時に感じる悲しさだとか、そういうのを描きたいとおもいます。
まあ、無理に描かなくてもいいのですけどね。

それは、たとえば、映画のドラえもんで描かれていた、別れの悲しさとか。
大切な人だから、別れが悲しいんだとか、それは単純な事ですが、何度でも言葉にして良いような大切な事ですよね。
もっとも、それを描けるだけの長編作品なんて描いた事がないのですけどね。

ボクは、世界は幸福に満ちあふれていると言い切ってしまうような描き方にはしたくないとおもいます。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
http://pictogram.blog78.fc2.com/tb.php/209-9b2b8605

[TOP]
山岸知己

右端のメガネの男が作者の山岸知己

twitter twitterやってます。

○ Recent comment
○ Email
気軽に書きこんで頂けたら
嬉しいです。
仕事の依頼も
受けつけております。

name:
mail:
title:
comment:

pictogram HomePagepictogram BBSloftworkabout metuchiputazoomeYouTube


copyright (C) 2010 FLASHアニメーター山岸知己の Animation & Illustration Gallery 「pictogram」 all rights reserved.
//
FLASHアニメーター 山岸知己のピクトグラム 孝太朗の表情集 葵と椿 山岸知己のショートアニメーション「未来の街角で」 山岸知己のショートアニメーション「ねむれぬ夜の話」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。